人生で一番歩いた9年前その4

  • 2020.03.14 Saturday
  • 07:25

さらに歩くとかつやが見つかった。


ああ、かつ丼食べたいな。これだったら松屋で食べるんじゃなかったな。


そう思いながらかつやの前を通り過ぎたら店内は暗かった。よくよく見ると営業はしてるんだけど、弁当だけみたい。


暖かいところで食べられないんだったら辛いな。松屋で食べといて良かった。

などと良かった探しが出来てしまった。


やっと家に帰り着いたのはマンションを出てから3時間だったか4時間だったか。

それでも後に聞いた話しだけど、都心から帰った人は7時間かかって帰ったらしい。

まだ僕はマシだったんだな。


終わり。

人生で一番歩いた9年前その3

  • 2020.03.13 Friday
  • 07:51

歩き始め良かったんだけどさすがに一時間以上歩いてると、さすがに疲れる。


ふと横の渋滞の車道を見るとタクシーが空車でいた。

これは乗った方がいいか?


家までお金がいくらかかかるかわからないが、着いてから払えばいいかなと思った。だけど、決断がつかないままタクシーを通りすぎだ。


改めて車道を見ると、先ほどのタクシーははるか後方にいた。車は全然動いてなかった。乗らなくてよかった。


しばらく歩いてると自転車屋が見つかった。灯りが付いてるから営業中みたいだ。


自転車買おうかな。


そう思った。だけど、家族の自転車はちゃんとあるから、安いやつを買ったとしても持て余すよな。


結局、買わずにまた歩く。

人生で一番歩いた9年前その2

  • 2020.03.12 Thursday
  • 07:50

僕が踏切を上げたら線路の向こう側でも別の人が踏切を上げたので、双方から人が線路を超えることができた。


数十人が渡ったのを見計らって僕も渡った。そんないつまでも踏切持ってられないから。


立川に着くとやっぱりJR駅は閉まってる。バスやタクシー乗り場は長蛇の列が並んでる。レンタカー屋も。

松屋が開いてたのでカルビ焼肉定食を食べて腹ごしらえをして外に出るとモノレールが動いてるのが見えた。


モノレールで玉川上水に行ったら西武線は止まってた。よくモノレール動いてたな。


ここなら自転車で来たことが何度もあるから、道は知ってる。思い切って歩いて帰ることにした。

人生で一番歩いた9年前その1

  • 2020.03.11 Wednesday
  • 07:55

東日本大震災から9年経った。あの時、地震が起きたなんて気がつかなかったんだよな。


廊下で掃除をしてたら立ちくらみがしたと思ったら実は地震だった。一基を除いてエレベーターは止まって車椅子でデイケアに行ってた居住者さんが戻った時も大変だったけど、一番大変だったのは仕事が終わって帰るときだったな。


JRは全線止まったからとりあえず立川まで歩くことにした。電車は止まってるのに踏切はなぜが降りていた。お巡りさんがそこにいるんだけど、どうこうすることは立場上できない。

女性がお巡りさんに向かって

「ここを通して」

って怒ってたけどお巡りさんに言ってもしょうがないでしょう。

お巡りさんも

「見なかったことにするから、くぐって行ってください」

ってかなり立場上、問題になりそうなことを言ってくれたんだけど、誰もくぐろうとしない。


仕方ないから、僕が踏切を上げて周囲にいる人を通すことにした。

ホーバークラフトって乗らなかったな

  • 2020.03.07 Saturday
  • 07:21

大分県がホーバークラフトを2023年に復活させることを決めたそうだ。

ホーバークラフトは大分空港から大分市、別府市などを結ぶ水陸両用艇で港に停泊させているのではなく、海岸に上陸している船に乗船してそのまま、海岸を走って海に入るのが売り。


国東市に住んでいた子どもの頃には母に連れられて空港の近くにある大分基地から乗って行った覚えが微かにある。

あの時は満員で大人の足しか見えなかったから外がどんなふうだったのかは見てなかったと思う。


大人になって帰省してもホーバークラフトよりもバスかタクシーで高速道路に乗って帰ることが多かった。実家が空港と別府市の間だったからホーバークラフトに乗ってまた戻るのは非効率だったからね。


たぶん、僕みたいな人が多かったから潰れちゃったんだろうな。

もう25年も経ったのか。その5

  • 2020.01.21 Tuesday
  • 07:31

当時、住んでいた独身寮は多少天井が傾いた程度で住むのに支障はなかった(後に修繕した)。

しかし、社員の中には被災したり、電車が不通になったので通勤できないので寮に家族や単身で来られた人が何人かいた。


皆さん、半年ほどで戻れることになったがそれまでは休みの度に家まで戻ったりしたのでかなり大変だったみたいだ。


結局、被災しなかった僕なんかは1年もしないうちに元の生活に戻れたが、神戸とかに遊びに行くと三宮でも、1年くらいじゃ建物も元に戻ってなかったな。


そろそろ終わろう。

もう25年も経ったのか。その4

  • 2020.01.20 Monday
  • 07:52

京都にライブを観に行くのは元々の予定だった。チケットも買ってあるし。

だけど、本当にやってるのかわからない。


京阪電車で四条駅まで急行で行ってからライブハウスまで行くとちゃんとやってた。


一時間遅刻して入っていくと、いつもは会場いっぱいな客席が3分の2くらいしか埋まってない。常連で来てた人で何人も今回は来れなかった人がいた。

亡くなってたりケガしてたりしてなければいいのだが……。


この後、神戸の被害がはっきりしてくるとライブや演劇で中止になるのが増えてきた。

それとは別に兵庫での無料公演などをやったりした劇団なども出てきた。


……続く。

もう25年も経ったのか。その3

  • 2020.01.19 Sunday
  • 08:11

油の製造を始めたと言ってもまだ、処理作業が残っているので全員がそれに当たれるわけじゃない。

僕は製油のブレンド作業担当だから、どうしても製造に回らなければいけないので、そちらに回った。


いつ余震が来るかわからない状況でやるのはかなりビビったが結局、体にはっきりと感じるのは来なかったように思う。気づかなかっただけかもしれないけど。


結局、1時間以上も残業したにも関わらず予定の半分もこなすことはできなかった。

そして、僕は予定通りに京都で行われるライブに向かった。


やってるかどうか、わかんないけど。


……続く。

もう25年も経ったのか。その2

  • 2020.01.18 Saturday
  • 07:25

強い余震が時折起こるから再開できないだろうなと思った。だけど、結局再開してくれた。

おかげで仕事に行くことができた。

これを思うと東日本大震災で電車がほぼ止まったJRや私鉄は安全第一なのか根性無いのか。


当時の僕の職場は製油会社の工場。その職場に着いたら倉庫などに油がこぼれてる。

まずはこれをなんとかしないといけないのかぁ。


ほとんどの社員がなんとか来れたし、本社の営業は仕事ができないから工場に来てくれたから、処理はなんとか早めに終わった。


そして、それからいつもの生産が始まった。


……続く。

もう25年も経ったのか。その1

  • 2020.01.17 Friday
  • 07:52

25年前の今日。仕事に行く準備をしてから、まだ余裕があるのでベッドの上で横になってうつらうつらしてた。

その時、なぜか知らないがパッと目が覚めた。


珍しいな、と思いながら起き上がるとグラグラと揺れた。


阪神淡路大震災と呼ばれる地震が起きた日。

テレビを見ても、京都や大阪の方が兵庫よりも震度が大きかったから、まさかあそこまでの被害になってたとは思ってなかった。大阪の方が酷いと思ってた。


京阪電車も止まって最初はタクシーで走ってたが守口市駅で動いてるのを確認して、そこで電車で行くことにした。途端に強力な余震が起きてまた電車が止まった。


……続く。

PR

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

演劇集団キャラメルボックス

キャラメルボックス公演情報

EXチャンネル

加藤昌史コミュニティ

キャラメルボックスチャンネル

Google+

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 松たか子さんが性格悪かったら岡田斗司夫さんも性格悪いことになる
    腰痛親父 (02/24)
  • 「『もっと言ってはいけない』で語られる残酷な真実 2  残酷な世界の中でオタクはどう生きるべきか?」-『岡田斗司夫の毎日メルマガ』感想文
    zak (09/15)
  • 「DVD『紳竜の研究』がすごい! 島田紳助のマーケティング理論を分析」-『岡田斗司夫の毎日メルマガ』感想文
    黒木政仁 (07/19)
  • 「DVD『紳竜の研究』がすごい! 島田紳助のマーケティング理論を分析」-『岡田斗司夫の毎日メルマガ』感想文
    jjj (07/18)
  • 生まれた季節を好きになるなんてウソですから
    黒木政仁 (07/16)
  • もっとも怖れられたバッター
    黒木政仁 (07/16)
  • 座右の銘は「平穏無事」
    黒木政仁 (07/16)
  • 生まれた季節を好きになるなんてウソですから
    沙羅 (07/15)
  • もっとも怖れられたバッター
    沙羅 (07/15)
  • 座右の銘は「平穏無事」
    沙羅 (07/15)

recent trackback

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM