杉村太蔵さんは正しい?

  • 2016.02.09 Tuesday
  • 23:07

芸能界は甘い!清原の厚生を語る太田、テリーに反論した杉村太蔵に称賛の声
http://goo.gl/kqTBa0

↑のニュースを見たとき、『杉村太蔵さんって冷たいなぁ』と思った。

確かに、芸能界って薬物所持や使用で逮捕された人たちを復帰させることが多いと思う。それを良いことだと考えてた。
と、言うより一般社会の方が前科者に対して冷たすぎる気がした。

だから、テリー伊藤さんたちが清原容疑者が刑期を終えてから復帰する手助けの話をするのは当然。
それに異を唱える杉村さんは、いったいどうすれば、どうなれば良いと考えているのだろう?

だけど、番組を見ていた視聴者は杉村さん支持が多かったみたい。もしかしてみんな、一回でも罪を犯した人間は底辺の生活をすればいいのにと考えているのかな?

清水健太郎や田代まさしのように複数回逮捕されるようなら問題だが、初犯なら再チャレンジの機会を与えてもいいじゃないか。
槙原敬之さんみたいに努力してうまくいっている人だっているんだから。

ただ、もし自分の身近に覚せい剤所持や使用で逮捕された人がいたら、どうだろうと考えてみた。更生に力を貸すことができるだろうか?




……無理!!絶対無理!
侠気のないことで申しわけないが助けたくない。

家族だったら頑張るけど、もし清原容疑者が友達だったり、仕事仲間だったりしたら近づかないようにする。救ってやるほどの力もないし、下手したら自分の手元にクスリがやってくる可能性すらある。
売人は中毒経験者をターゲットにするみたいだから、そんな奴から守ってやる自信もない。
http://goo.gl/x8ul58

僕はタバコや酒はやらないから、手元にクスリがあってもやらないと思っているけど、中毒患者だって最初はそう思っていたに違いない。過信は禁物。

自分ができないことを他人に対してやれとはとても言えない。
清原容疑者が好きで更生させてあげたい、と考えるのはとてもいいことだと思う。ただし、それが芸能界でやるべきことにするのは違う気がする。やはり関わり合いになりたくない人も少なくないだろうに。

杉村さんの言うように清原容疑者に厳しい言葉が必要かどうかはわからないが、芸能界が薬物の温床とか呼ばれる現状にストップをかけたいならかかわらない方がいいと思う。復帰のチャンスなんて一回すら与えてはいけない。
例え、それが復帰がうまくいっている槙原さんのような人たちを切り捨てるようなことになっても。

フジテレビの対応は間違ってない

  • 2016.02.04 Thursday
  • 15:37

『清原逮捕でテレビ各局が「昨年からマーク」と大自慢! だったらなぜ番組に清原を出演させた? フジの無責任ぶりに唖然』

↑の記事を一読して、最初からフジテレビを非難するために書いたとしか思えなかった。

この記事で言ってるように、フジテレビは無責任かな?

報道部が清原容疑者の身辺を調べるのと、バラエティ部が出演を依頼するのは別の話だろう。同じテレビ局でも番組ごとの製作会社は別なんだから。

もしかしたら、上層部が
「フジテレビは、証拠を持っているわけではないが、清原和博さんが覚せい剤を所持して摂取していると信じてるので、番組に出演させません。推定無罪?それがどうした!」
とでも言えばよかったのか?それは、無責任なだけじゃなく、法治国家のテレビ局としては非常識だろ。

報道部が逮捕と同時にドヤ顔で自分たちの功績を誇るのは当然だし、バラエティ班は
「(クスリをやってないという言葉を)信じてたのに残念です」
と、コメントすればいい(やってないけど)。

何も間違っているとは思えない。

もし、フジテレビが非難されるとしたら、『昨年末からマーク』していながら。しかも、自局の番組に呼んでおきながら、上層部を説得できるほどの証拠を押さえられなかった『無能っぷり』でしょう。

男の闘い

  • 2016.01.05 Tuesday
  • 00:06

2016年1月1日昼前、カレーハウスCoCo壱番屋。
男が一人、カレーを食べるために入る。牛、豚、鶏肉をトッピングしたカレーを食べるために。

手仕込みとん勝つとパリパリチキン、この二つは最初から決めていたので、迷いはない。だが、牛肉は悩んだ。カツは食感がトンカツと類似しているし、カルビ肉はボリューム感がない。迷った挙げ句純粋な牛肉かどうかはわからないがハンバーグにした。ちなみにチーズイン。

ご飯の量は普通盛り。それでも300グラムはあるので小柄な男には充分過ぎる量だ。
カレーソースはポークソースの甘口。ビーフカレーでは甘口はチョイスできないので選択肢はない。舌はいまだにお子様だ。

注文した品がやってきた。コトンと皿が置かれる。皿の上にはカレーに乗った、たっぷりの肉。肉。肉。
全体的に茶色い。カレーソースの香りが食欲をそそる。まずはハンバーグをスプーンで切る。中からチーズがカレーソースに流れ出る。美味そう。さっそく肉とチーズとカレーソースを混ぜて食べる。美味い!

そうやって肉とカレーとご飯を食べる。そうすると突然カレーソースがなくなっていることに気づく。

!?・・・・・・どういうことだ?
しまった!?カレーソースの配分を間違えたか?肉にカレーを付けて食べてしまったから配分に変化が起こってしまったのか!?

悔しい。男の45年の人生の中でこんなことは始めてだ。だが、ここでギブアップはできない。どうする?カレーソースを追加で注文するか?ココイチでは可能のはずだ。たいした値段ではないし、増えるカロリーも気にはしない。だが、それをすればなにか負けた気がする。幸いにもトッピングしたのは肉だ。そのままでもご飯のおかずとして十分。
そこで、残ったご飯を3分割してそれぞれの肉をおかずに食べることにする。これで何とかするしかない。
「大丈夫」
男は自分に言い聞かせた。俺が頼んだのはただのカレーではない。カレーが無くなってもおかずがあれば食べきることができる。まだ負けではない。

しかし、食べていったら二度目のショックが。なんと、トンカツが二切れ残ってしまった!なぜだ!?ちゃんと配分を考えてご飯と肉をより分けたはずなのに、なにが間違っていたというのか?
いくら考えてもわからない。

敗北感が男の身体に漂う。

結局、二切れ食べて、水で流して込んで金を払って店を出る。

2016年1月1日正午。男の一年を象徴するような十数分だった。

JUGEMテーマ:カレー日記

僕らの名前は「ベータvs.VHS戦争を知らない子どもたち」

  • 2015.11.12 Thursday
  • 01:24

ベータvs.VHS戦争が終わって僕らは社会人になった。
ベータvs.VHS戦争を知らずにVHSレンタルが当たり前だった。
新世紀になって迷い始める。「どれかに統一してくれ!」と口ずさみながら。
僕らの名前を覚えてほしい。ベータvs.VHS戦争を知らない子どもたちさ。

ベータ方式テープ、発売40年で幕…出荷終了へ : 経済 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

>1970〜80年代には、VHS方式と激しい規格戦争を繰り広げたが、発売から約40年で歴史に幕を下ろすことになった。

僕の小学〜高校生の頃にベータとVHSが市場を争っていた。当時の我が家にはビデオデッキはなかった。だから、僕がビデオデッキを買ったのは1989年に高校を卒業して就職のために大阪に出てから。

会社の寮に入ってすぐにやったことは寮母さんに近所で家電を安く売っている場所を聞いて、14型のテレビとVHSのビデオデッキを購入した。
そのディスカウントショップではすでにベータのデッキが置いてあったかわからない。目に留まった録再用のデッキの中から、できるだけ安いものを探すのに必死でそれどころではなかった。

その後、近所のレンタルビデオ屋の会員になった。入口のすぐそばにベータの棚があった。隅の方にこじんまりと映画やアニメ、果てはAVまで一つの小さな棚に詰めてあった。その店は当然VHSが主流だったが、レーザーディスクも結構置いてあった。
その中でベータはこじんまりと入口付近に置かれていた。あんなところに置かれていたらAVなんて借りにくいだろうにと今、思った。

そこで初めてベータの敗北を実感した。

それまで考えたこともなかったが。

21世紀になる前にDVDが出た。そしたらBlu-rayが出て、DVDが録画出来るようになった。Blu-rayよりもDVDの時代になるかと思ったらハードディスク録画出来るデッキが出た。

これが新しい映像メディアかと思ったのに今ではネットでとても楽に観られてる。

もういいかげんに統一してくれないかな!

とにかく、ビデオテープの時代がついにキチンと終わるのね。まだ終わってなかったことにびっくりだったけど。

お疲れ様でした。

日本版ハロウィン?

  • 2015.11.01 Sunday
  • 01:42

おおいたの街ブログ「おせったいに行きました。」
http://goo.gl/Zz7xvE

ハロウィンが賑わっていたようですね。ハロウィンの話題が出る度に思い出すのが「おせったい」。
僕は大分県出身で、小学生の頃は学校が終わってからビニール袋を持って家々を回ってお菓子をもらっていました。

正直、今でもやっているとは驚きでした。

え?!天才を作るつもりじゃないの?

  • 2015.07.09 Thursday
  • 01:31

ジーンライフ社というところが手塚治虫先生の遺伝子を解析したらしい

やっぱりこういう話を聞いたら、普通は手塚治虫レベルの天才を作るつもりなんだと思うじゃない。でも、ジーンライフは

「最終目標として、健康寿命を1年以上は伸ばす。2030年までにパーキンソン病や筋ジストロフィーなど難病の患者数を50%減らすのも目標」(ジーンライフ佐藤代表)

って言ってる。

しかし、手塚先生と言ったらまだ若いうちに亡くなってるから健康体とは程遠いイメージ。『ブラックジャック創作秘話』を読んでも、健康的な生活を送っていたとは言えないしね。

……でも、健康的な生活を全くと言っていいほど送らずに、それどころか睡眠時間を削ってまでがむしゃらに漫画を描き、アニメを作ったにしては、亡くなるまでの間に大病を患ったという話は聞いたことがない。
もしかしたら、とてつもない健康体だったから、あそこまで無茶な仕事をする事ができたのか?だとしたら、ジーンライフ社が手塚先生の遺伝子を解析するのは健康寿命を伸ばすのに重要かもしれない。

ところで、この検査のためのキット「火の鳥」のパッケージで2万1384円で発売するらしい。このキットの宣伝を兼ねての今回の解析なんだろうけど、遺伝子情報流出は大丈夫かしら?別にどんな悪用されるかは想像できないけれど、悪い人にしてみたら欲しい情報かもしれない。
それがキチンとされていないとおちおち遺伝子も解析できない。

決してお高いからじゃなくってよ。

『絶歌』の書評ではありません

  • 2015.06.18 Thursday
  • 18:12

ジャーナリストの長谷川豊さんのブログ
「長谷川は、自分の子供たちが被害にあったら同じように言えるのか?」
という問いに
「あなた方は、加害者になったときに、同じように質問してくるのか?」
と、逆質問していた。

長谷川さんは自分や自分の子供が加害者になることを指摘している。それはとても重要な視点だと思う。
僕らは誰でも精神的な病に罹ったり、誰かを殺したいほど恨んだりする可能性は決して低くない。

でも、長谷川さんや太田出版の公式コメントの言うように、この『絶歌』に出版する意義があるのかと言えば、僕はノーと言いたい。読まずに批判するのはフェアでないのは百も承知である。

でも、『絶歌』を読んだら人を殺さなくなるのか?『絶歌』を読んだら病気にならないのか?

「殺人犯 手記」とAmazonで検索をかけると『奈落』など数点の手記が表示される。これらの本は出版することで、どれだけの意義があったのだろう?この本を読んで殺人を思い留まった人はいるのだろうか?
正確な知識や情報は本当に人を殺すのを止めることができるのだろうか?

僕らが被害者やその遺族に共感し、同情するのは自分が加害者の側に立つことを恐れるからではないか?少なくとも僕はそうだ。


人を殺したいと思った時、ふとその人の家族や、大事にしている人のことが頭をよぎるかもしれない。
殺人犯の心理を分析するよりも被害者や、遺族に共感する方が人殺しからよっぽど遠ざかるのではないだろうか?

殺人を犯した人の生き方や心理状態を分析することはただ単に疑心暗鬼を生むだけではないのか?
「あの人の家庭環境はサカキバラと一緒」
だとわかったら僕らはその人を今まで通り見ることができるか?

『絶歌』を読んで殺人を犯す人がわかるとか、自分や家族が加害者になるのを防ぐことができるかは、ギャンブルの域を出ない。

それよりも確実にわかっているのは、この本を出版したら、遺族がまた辛い想いをすること。

それがわかっているから、太田出版は遺族には内緒にしていたのでしょう。

本当に意義があると確信していたなら、何が何でも遺族を説得したはず。それができないほど怖かったんでしょう。
「出版できなかったら」
「罵倒を浴びせられたら」
事後承諾に逃げ出した気持ちはわかる。

こんなタイミングで公式コメントを出したのは、本当に意義があるのか半信半疑だったから。

人を苦しめる表現に価値はない。

遺族をまた悲しませてでもやる意義なんてない。

「こんな事件は二度と起きてほしくない」
とは言ったかもしれないが、
「そのためには、どんな苦しみや悲しみにも耐える」わけではない。

僕はやはりこの『絶歌』は買えないし、読めない。

読まずにこうやって批判するのは間違っているとわかっているが、あえてそうしたい。

岡田斗司夫はマグロ漁船に乗った?

  • 2015.03.02 Monday
  • 00:11

竹熊健太郎さんや高須克弥院長などが岡田斗司夫さんが叩かれてすぐに自分たちが岡田さんからこんな仕打ちを受けた、と明らかにした。
これを見たときに正直、
「みっともないな」と、感じた。
竹熊さんにいたっては18年くらい前の話を今さら蒸し返すなよ、その時に言えば良かったじゃないか発言するメディアがなかったわけじゃないだろうにと思った。

でも、それは間違いだった。そう、僕が間違っていた。どう間違ってたかと言えば評価経済的に間違っていた。

貨幣経済では事業が順調なときは「ぜひ、うちから借りてください」と揉み手すり手で銀行が近づいてくるもの。でも、いざ事業が落ち目になってくると手のひらを返して返済を迫ってくる。
たしかに見た感じは嫌な気分にさせられるが、経済的にみたら借金は回収してはじめて利益になるのだから、完全に潰れる前に少しでも取り返さなくてはいけない。
そうしなければ金融という商売は成り立たない。

岡田さんが評価資産が高かった時にいくら
「岡田斗司夫はこんなひどい奴だった」
と、言っても無視、黙殺されていただろう。もしかしたら18年前は黙殺されていたのかもしれない。

翻って岡田さんは今、評価負債を抱えている。それも目一杯。年明けにいきなり降って湧いたような大暴落。自業自得だけど・・・・・・。個人評価のリーマンショック。ここで岡田さんに踏み倒された評価負債を少しでも取り返さなければ、岡田斗司夫がいなくなってから言っても本当に遅い。
これで竹熊さんたちに評価的な利益が得られたかどうかはわからないが、ここでやらなければどうしようもなかったのだろう。

だから、評価経済的に回収の努力を払った竹熊さんや高須先生はやはり正しかった。

ただ、こうやってみると岡田さんは今、評価負債を返済すべく努力を払っている最中なのだろう。キャラチェンジが功を奏すかわからないが、ニコ生ゼミも少しずつアンチの人たちは立ち見席に固まるようになっているみたいだし。ブロマガ会員に登録する人も毎週一定数いるみたいだ。

僕の目には「評価経済サロン」や「ニコ生岡田斗司夫ゼミ」はマグロ漁船に見える。評価負債を返済するために一生懸命頑張っているのだろう。

ぜひ、完済まで荒海の中に突き落とされないことを祈るのみだ。

レコダイをやってると不況が実感できる

  • 2014.12.14 Sunday
  • 01:21







吉野家の牛丼が来年1月7日12月17日から380円に値上がりするそうな。今年の消費税の増税でも10円しか値上げをせずに頑張ってくれていたから正直仕方ないなと思う。松屋がプレミアム牛めしにして実質80円の値上げをしてから月、水、金の朝食は吉野家に移したばかりだから、牛丼も同じ値段になってこれからどうしようかと迷ってる。




仕方ないなと思っているのは吉野家自身かなり企業努力をした上での値上げの決断だと思えるから。実は吉野家の牛丼は10月17日くらいから量を減らしている。僕はレコーディングダイエットをやっているから、吉野家のウェブサイトにアクセスしてカロリーを常にチェックしている。今、レコダイの記録をチェックしてみると10月15日に並盛702kcal/杯だったカロリーが今は669kcal/杯になってる。


味に変化がないのでわからない程度に量を調整したのだろう。だから、実質10月には値上げをしていたとも言える。




吉野家だけではない。一時はずいぶんハマッた明治のミルクチョコレート。板チョコの方。307kcal/枚だったのが、9月から279kcal/枚になってる。ずいぶん落としたものだ。




缶コーヒーだって190g/缶だったやつが軒並み185g/缶に量を減らしている。




レコダイをやって記録をとり続けているから(同じものを食べたりしているからとも言う)こういうこともわかってくる。・・・・・・いいのか、悪いのか。




企業だって値上げなんてしたくないだろう。だから、量を減らしたりしてなんとか続けていくように努力してくれている。それでも追いつけないほどの原料の高騰だとかがあるのだから、仕方ないなと考えられる。




でも、だからといって懐が寒いのはこちらも同じ。来年からどうしよう?すき家には行きたくないしな・・・・・・。




モナコイン


MHGV4YcYih97ArRsrViTxyqzzst65sjfCp


#monacoin

自分が加害者にならないとどうして言える?

  • 2014.08.05 Tuesday
  • 00:29


女子高生が友人を殺して解剖しようとしたというニュースが世間を騒がせてからどれくらい経っただろうか?今でもネットのなかでもおそらくテレビのニュースでも取り上げていると思う。

2ちゃんねるのまとめサイトで主治医の精神科医が容疑者の女子高生の独り暮らしを勧めたというのを見つけた。結局その情報自体あやふやなもので、実は精神科医は入院を勧めていたという話もあるみたい。

http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1804776.html

事実関係はよくわからないのに、このスレタイだけ見て「無能な精神科医の名前を晒せ」などと無責任に書いているのを見ると苛立つ。

では、親が独り暮らしをさせたことが間違っていたのか?たしかに結果をみれば間違っていたとしか言いようがない。でも、それは結果をわかっているからそう言えるのであって自分がその容疑者の親の立場だったとしたら、独り暮らしをさせなかっただろうかと考えたら自信はない。

たとえ、親に暴力を日常的に振るっていたとしても、動物を殺しているなどのわかりやすい兆候があったとしても、主治医が「いつか人を殺すかもしれない」と助言したとしても信じられない、というより信じたくないと考えてしまうと思う。

今、『リスクにあなたは騙される』という本を読んでいる。

9.11のテロが起こった時、アメリカでは飛行機をやめて車で移動する人が増えたという。確率的に飛行機事故やテロにあうより自動車事故の方が多いのだが、普通こんな大きな事件や事故が報道されたらそれは飛行機を避けたくなるのが人情だと思う。

でも、この本でも、自分や自分の身内が犯罪者になるというリスクについては書いていない。それは確率的に低すぎて考慮する必要性を感じないからだと思う。

2ちゃんねるに書き込みをしている人でも被害者の立場で考える人は大勢いるが加害者になったとしたらと考える人はほとんど見受けられない。

それだけ、目を背けたくなるくらい考えないようにしたくなるくらい不都合なことなのだろう。加害者になる、もしくは加害者の身内であるということは。

僕がこの容疑者の親の立場に立ったとしたら、自分に対する暴力から逃れることだけを考えてしまうかもしれない。そう考えてしまうからこの親を気楽に責めることができない。だからといって同情することもできないけど。

モナコイン MHGV4YcYih97ArRsrViTxyqzzst65sjfCp
#monacoin

PR

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

演劇集団キャラメルボックス

キャラメルボックス公演情報

EXチャンネル

加藤昌史コミュニティ

キャラメルボックスチャンネル

Google+

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 「悩みのるつぼ〜【ネチネチした性格変えたい】」(回答編)-『岡田斗司夫の毎日メルマガ』感想文
    黒木政仁 (05/22)
  • 広報室って本当はどんな感じなんだろう?-『空飛ぶ広報室』を読んで
    黒木政仁 (01/25)
  • 広報室って本当はどんな感じなんだろう?-『空飛ぶ広報室』を読んで
    藍色 (01/24)
  • 「ビブリア古書堂の事件手帖 (5) 〜栞子さんと繋がりの時〜」を読み終えた
    黒木政仁 (10/18)
  • 「ビブリア古書堂の事件手帖 (5) 〜栞子さんと繋がりの時〜」を読み終えた
    藍色 (10/17)
  • ラストに悩む
    黒木政仁 (10/10)
  • ラストに悩む
    沙羅 (10/10)
  • 杉村太蔵さんは正しい?
    黒木政仁 (02/10)
  • 杉村太蔵さんは正しい?
    沙羅 (02/10)
  • 「ビブリア古書堂の事件手帖4〜栞子さんと二つの顔〜」
    黒木政仁 (09/16)

recent trackback

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM