ニコ生岡田斗司夫ゼミ6月21日号感想

  • 2015.06.25 Thursday
  • 00:17

ニコ生岡田斗司夫ゼミ6月21日号「長谷川アナウンサー登場と森三中・黒沢の発言に物申す」



ニコ生岡田斗司夫ゼミ6月21日号延長戦対談長谷川豊アナウンサー「『絶歌』を査定!あり?なし?とメディアの現場」


考えてみれば岡田さんが言ってたように、「本当に怒るべきなのは買った10万人」なのかもしれない。
でも、僕はどうしても買った人を非難する気にはなれない。もちろん、なぜ買ったのかというのは聞いてみたい。だって、買わなければ著者印税がどうとか、出版社の実入りがこうとかなんて話は全くの無意味になるのだから。
もちろん、購入した人のほとんどは買ったことも、読んだことも内緒にしてる。ただ単にネットをやってないだけかもしれないけど……。

先週の『岡田斗司夫ゼミ』で岡田さんが言ってた。
「ニコ生のコメントに本気で腹がたたないのは、もう一人の自分がそこにいるから」
それと同じことを僕も、本を買った人に感じる。

もしかしたら、被害者や遺族に何の同情も共感もしないで、図書館で借りて読んで
「人が人を殺す過程とはこういうこと」
と、訳知り顔でブログにアップしかねないから。

遺族の方が仰ってたように早くこの件が収束してほしい。本来ならこうやって反感の文章を書くのだって宣伝になってしまうのだろうけど……。

音声だけを通勤時に聞いたので、吉野家の鶏そぼろ飯の味がよくわからなかったのが残念。

ニコ生ゼミ、キングコング西野亮廣さんゲスト回オモローっ!

  • 2015.06.21 Sunday
  • 10:15

キングコングの西野亮廣さんはやっぱり芸人さんやなと思った。考え方はスターやけどな(笑)

先週6月14日にニコ生で放送された『ニコ生岡田斗司夫ゼミ』がとても面白かった。

http://nico.ms/1434331084

http://www.nicovideo.jp/watch/so26491708

何よりも岡田さんが楽しんで話してるのが良かった。無くしたiPhoneが出てきてテンション上がってるのも理由だろうけど、やっぱり関西弁で話せてるのは大きい。

それにしても、西野さんって手がでかいな!その手のでかさでジェスチャーするもんやから、尚いっそう目を引く。
あれは舞台や映像向きやろね。

それに、芸人さんって突っ込まれることを厭わないから岡田さんが安心して突っ込める。突っ込まれたらちゃんと凹んでくれるしね。
突っ込まれるだけじゃなく、芸人論もちゃんと受け止めてくれるのでケンカにならないのも見てる方が安心できるし。引く時と出る時をわきまえてるからいらつかずに見てられる。

何よりも岡田さんのアイデアを面白がってくれるから、岡田さんも次々アイデアを惜しみなく出さはるんやろね。

岡田さんが限定放送の最後で言うてたけど、笑いながらやってくれるとこちらも楽しんで見てられるな。

そのアドバイスに従ってこの記事を笑いながら書いてるが、効果はあったかしら?

頭が悪い岡田斗司夫は嫌だ

  • 2015.01.12 Monday
  • 23:50


今回、岡田斗司夫さんのキス写真騒動からの一連の動きがどうにも不快である。

最初に知ったのは岡田さんのツイート、「ニセ写真」。
その後、クラウドシティに岡田さんからのメッセージ動画が貼られる。そこで11日のニコ生ゼミで告白する内容をざっと説明される。その時に出てきた「身内」発言がものすごく不快。

曰く、「クラウドシティは身内だから先に事情を説明したいと思った」。まるで普段、家に寄りつきもしないのに、いきなりやってきて
「父ちゃん、他に女がいることがばれたから、これから迷惑かけるわ。ごめんな」と、言われた気がした。

僕としては「身内」ではなく、「お客さん」だと思っていたから、そんなことされても困るわ、というのが正直なところ。
それでも、ニコ生ゼミを見れば自分の不快感も慰められるかもと見てみたら、あれである。

有料部分で真面目に対応しても、肝心要の本人が見てなければどうしようもないだろう。

クラウドシティ内でも賛否は結構別れている。モラルを期待する方が間違っているという正論や、わりとどうでもいいという達観した意見の中にちらほらと不快感を表明している人がいる。

多分、そういう人たちは僕を含めてだけど岡田斗司夫にかなり期待をかけていたんだと思う。

僕は岡田さんのモラルの低さはともかく、すべての対応が頭が悪く感じる。

コントロールできるわけでもないのに、複数人の恋人を確保しようとして今回のように偉い目にあってる。ニコ生ゼミだって謝罪に特化しておけば、ベストなのにいちいち自分や相手の女性の事情を持ち出して説明しようとする。誰もそんなこと聞きたくないし、それこそ当人同士の問題でしょう。

人格的に悪くても文句は言わないから、頭が悪い岡田斗司夫は見せないでほしい。

モナコイン
MHGV4YcYih97ArRsrViTxyqzzst65sjfCp
#monacoin

ニコ生岡田斗司夫ゼミ3月号を観ながら

  • 2014.03.02 Sunday
  • 23:12

『ニコ生岡田斗司夫ゼミ』の3月号タイムシフトを観ながらブログを書いている。最近、生で見ていてもコメントを書いたりしなくなったな。

どうしてだろう?書くと結構、返してもらえることがあるから楽しいんだけど、その楽しさと面倒臭さを計りにかけると面倒が勝っている。

それだったらクラウドシティで1日か2日後くらいに動画で見るか、音声をダウンロードするくらいでいいかな、なんて考える。

毎月、525円をブロマガに払うよりも年1万500円(消費税上がったら1万800円になるのかな?)払ったほうが動画見る意外にも色々できるから却ってリーズナブルかな?1ヶ月に割って875円かあ。でも、動画見る以外にクラウドシティでやることが思いつかないな。人とコミュニケーションを取りたいと思わないし、岡田さんのマイ仲間になりたいとも考えないものな。

放送の中で言っていた「いくらもらったら赤の他人と旅行できるか」話があったけど、ネットの中でもコミュニケーション取りたいと思えないものな。それでも、30万円もらったら旅行行くかもしれない。もちろん、一切話しもしないし、目も合わさないけど。

話を戻して、コミュニケーションしたくないくせに、突然他人に話しかけたりすることが稀にあるんだよな。ネットの中だけじゃなく、リアルでも。電車の中での会話が自分が知っている内容(例えば電車がなぜ止まっているかとか)が聞こえたらつい、話しかけちゃう。100%怪訝な顔をされて無視されるがな。

この間も「SMAP×SMAP」を観ていた時に、Twitterで「SMAP」で検索していてボーッと読んでいた。その時にぼそっとツイートしている人にリツイートしたら
「あなた、誰ですか?」
って言われた。……やっちまったぜ(-_-;)
そりゃそうだよな。まさかフォローしてもされてもいない人からとつぜん話しかけられたら普通、びっくりするわな。

その上、返事されたら3秒で後悔する。
「なんで、話しかけちゃったんだろう」
って。会話が続かないんだよ。

とにかく、そういう人間だからSNSに入っても何をやっていいのやらわからない。動画を見るだけで875円払う価値を見いだせない。

ところで今日はなんの話しをしようとしてたんだっけ?

「ニコ生岡田斗司夫ゼミ」を観て「永遠の0」を観た気になったよ

  • 2014.01.06 Monday
  • 00:37


ああ、それなら宮崎駿が文句つけるのもわかる気がする。

今日、2014年最初の『ニコ生岡田斗司夫ゼミ』を観た。話題はいつものGeekガールの紹介。今回はいつも仕事をしている人のようだ。なんかわかりやすい法則型のような人。そんな人と「女には男のような風俗はないのはなぜか?」や「永遠の0」の話しなどをする。

映画の話しならともかく女性に対して風俗の話しはちょっと……。まあ、積極的に話しをしてくれて興味深い話しをしてくれたから良かったけど。

映画「永遠の0」は特に原作にはないラストシーンについて岡田さんは語っていた。この作品は映画では三浦春馬が演じる青年が戦死した祖父の足跡を追う話のようだ。結局映画は「ルパン三世Vs.名探偵コナン」を観たから観ていないし、原作もまだ読んでいない。関連作品で唯一観たのは劇場で流れている予告篇くらい。

岡田さんの話では映画は原作にかなり忠実に描かれているそうだ。それだけでも好感が持てる。そんな中、ラストの特攻隊員・宮部久蔵が特攻する時、今まで
「妻と娘のために死ねない」
と、言っていた男が最後ニヤリと笑って突っ込んだシーン。そこだけが常に主人公の佐伯健太郎の目線で進む原作と映画で唯一原作と違う映画ならではのシーンだそうだ。健太郎が知るはずのない久蔵の笑顔。その正体は何なのか?岡田さんは考えて自分なりの解釈を言ってくれた。

「久蔵も実は戦いたかった」

国のために命を捨てるのが当たり前の空気だった当時の日本で「死にたくない」と言っていた男が実は心の奥底では闘う衝動を持っていた。そんな風に映画ではそのワンシーンだけ描いている。

宮崎駿さんがこの映画に対して酷評を言っている。僕はこの作品は読んでも見てもいないから単純に反戦映画だと思っていたが、そういうシーンが入っているのなら宮崎さんが文句つけるだろうなと今回のゼミを見て納得してしまった。

はるかぜちゃんこと春名風花さん、ニコ生岡田斗司夫ゼミに参戦

  • 2013.12.23 Monday
  • 23:42


はるかぜちゃんは内向的な性格だから、理想型か法則型かしら?最初は司令型だと思っていたんだけどな。

タイムシフトで『ニコ生岡田斗司夫ゼミ』のはるかぜちゃんが出ているところだけ観た。

そう言えば、ツイッターでフォローしているからしょっちゅうツイートは読んでいるけど本人が動いて喋っているのは初めて見た。いやあ、予想以上に声が高かったな。
ツイートを読んでいると頭のいい印象がある。そして、頭のいい人って声が低めなイメージがある。

岡田さんとの対談で面白かったのがお金の話。声優を目指しているはるかぜちゃんにストレートに女優から声優に行く路線より、自分でアニメを作った方がいいとアドバイスしていた。そのための方法として小説を書いたり、ニコ生をやってお金を集めるという具体的なビジネス話。
はるかぜちゃんの家はお母さんがお金の話が好きならしく、はるかぜちゃんはお金をどうやったら稼ぐことができるか具体的に考えるのが好きならしい。後、お金があることで何ができるかということにも関心があるみたい。稼いだお金でアニメが作れて他の人に声優をプロデュースできることに関心を示したもの。
だから、岡田さんの具体的な話には画面の外にいるお母さんが食い付く食い付く。
Twitterではるかぜちゃんのお母さんのおもしろエピソードをしょっちゅう読むけど、ここまで面白いとは予想外だったわ。

僕はどうやってお金を稼ぐかという話は本当に苦手で、具体的な金額の話も全然ピンとこない。そもそも数字が苦手。だから、そうやってお金に関する話しができるというのが本当に羨ましい。

はるかぜちゃんがニコ生をやるかどうかはわからないけど、どうやらGeekガールに認定されたのでクラウドシティには入れるそうだ。Twitterよりも過ごしやすいと思うけどね。

ニコ生岡田斗司夫ゼミ12月号をみてる

  • 2013.12.09 Monday
  • 00:14


今、「ニコ生岡田斗司夫ゼミ」の12月号を見てる。
ちょうど、声優問題を話してくれている。昔、声優になりたいと思っていた僕にしてみたら耳が痛い話だな。確かにプロ野球と比べて歳をとっても辞める人なんていない。そんな中に新人がどんどん入っていったら飽和状態が起きても当然だと思う。漫画家も一緒かもしれない。

声優が数字を持っていないというのもよくわかる。毎年「名探偵コナン」の劇場版を見に行くのだが、その時流れる「ポケットモンスター」や他のアニメの予告編を流すのだが、その時ゲスト声優をやってくれる俳優さんやタレントさんの名前はでかい文字で流れるのだが、声優さんの名前はまず出ない。山寺宏一さんぐらいのメジャー度でやっと出る。戸田恵子さんや水樹奈々さんですら出てくることはまれ。

しかし、この話しを持って来た大学生が結局、自分が声優になりたいためにこの論文を書こうとしていたというオチがあったとは……。こんなん出してもウリにはならないよな。

ニコ生岡田斗司夫ゼミで『まどか☆マギカ叛逆の物語』を語ってたよ

  • 2013.11.04 Monday
  • 23:49


今回の『ニコ生岡田斗司夫ゼミ』は『劇場版魔法少女まどか☆マギカ叛逆の物語』について語っていた。

僕はTV版も前作の劇場版も全く見ていないので評価のしようがない。だから、岡田さんが言っていることもほとんど理解できなかった。それでも親切なことに放送の最初のほうで見てない人でもわかるように説明してくれた。

……もっともそれでもよくわからなかった。とにかく普通の魔法少女アニメとは違うのね。それだけ押さえておけばオッケーかしら?

とにかくいい作品なのは間違いないのだろう。沢山の人が語りたがっているのだから。ただ、『岡田斗司夫ゼミ限定放送』の時に言っていたと思うんだけど『まどか☆マギカ』は完璧な作品ではないらしい。完璧だと語ることがないから。かなりわかるがちょっとわからない。解釈の余地があるのが語りたい作品なのだろう。

確かに語りたい欲求というのは解釈の幅があるものだと思う。『進撃の巨人』なんかは本当に語りたいことがあるんだけど、まだ整理がつかない。12巻が出る頃までにまとまらないと12巻読んだらまたまとまらなくなるだろうから本当に急いでやっておきたい。

岡田さんはこの『劇場版魔法少女まどか☆マギカ叛逆の物語』を死んでも見る作品として推している。でも、これを見る前にせめてTV版全12話は見ておかなくちゃならないんだろう?うーん、時間ないなぁ。時間ないというよりそこまで新しいアニメを追いかける気力がないな。今まで見てきたアニメを見返す方に時間と労力を割いているし。

40歳を超えたら懐古趣味でいいじゃない。

TS講義の感想を書こうと思ったのに・・・

  • 2013.10.19 Saturday
  • 00:59


今日のブログのネタはCCカーニバルでやった岡田斗司夫さんのTS講義の感想文。
…の、はずだったのだが、この講義の内容が徳間書店で来月出す本に載るらしい。だから、それが出版されるまで表に出すことは控えてほしいと岡田さんから言われた。一ヶ月は待ってほしいと言われたのでそれまでは表には出さない。

でも、とりあえず書いておこうかとスマートノートに書きだした。そうそう、今回スマートノートを書いているところを動画にアップしようと左手にカメラを準備して書いてる内容を撮影していた。

このカメラ僕のではなく嫁さんの物。だからちゃんと使えるかどうか何回か試してみるべきだった。でも、借りてすぐに撮影したので高画質撮影になっていることに気づかなかった。順調良く撮影出来ていたらいきなり撮影禁止マークが。_| ̄|○ il||li

2ギガバイトのメモリーカードなんてすぐに一杯になるのね。低画質で撮影していれば・・・。

仕方がない。撮影を諦めてノートに専念しよう。だが、どうにもまとまらない。講義を聴いている時はなるほど、その視点から見ることができるとは、岡田さんはさすがすごい。と、思って聴けていたのだが、いざ自分の言葉で講義の内容をまとめてみようとしてもうまくいかない。

とりあえず録音はしているので改めて聴き直してまた再度挑戦しようと思う。

そう考えると一ヶ月も締め切りが先なのは嬉しいかもしれない。

あ、「R100」の感想も話していたけれどこっちは見ていないからよくわからなかった。こっちの感想も一ヶ月後じゃないとダメなのかしら?

島本和彦×岡田斗司夫対談2「オタキングの逆襲」を前半だけ観たよ

  • 2013.10.10 Thursday
  • 00:40


今回の放送もいろいろあったなぁ。

島本和彦×岡田斗司夫対談2「オタキングの逆襲」を見た。冒頭から画面が2分割される。その上、音声も多重になってる。
どういうことだ!?なのに画面に出てくるコメントが画面に関することばかり。音声の事も話題になるが音が小さいなどこちらと事情が違う。

はて?ふと、思い出す。そう言えば、さっきYouTubeライブの「オタキングの逆襲」のページを見つけたままだった。ブラウザを最小にしてるけど閉じてないや。案の定、YouTubeの開いてるブラウザを閉じたら音が一種類になった。いや、本当にいろいろなことがある。

でも、画面の2分割は直っていない。走行しているうちに運営コメントから再起動をかけるという突然のメッセージ。再起動がいきなりかかり、画面は巨大な「?」のマーク。
なかなか「?」から修復されない。iPod touchで見てたTwitterのタイムラインに島本先生の謝罪ツイートが。
「なんでゲストの島本先生に先に謝らせるかな?」

再起動とソフトの再立ち上げが無事に終わる。岡田さんの謝罪川柳がタイムラインに同時に流れる。

放送は最初に「ヤマト2199」の話題。これは2人共大盛り上がり。それでも一番最初の「宇宙戦艦ヤマト」は戦争をやってないっていうのは気が付かなかったな。確かにそうだった。ガミラス帝国に見つからないようにこっそりイスカンダルへ「コスモクリーナー」を取りに行く話だったんだよな。

次の「進撃の巨人」は一転して島本先生のテンションが下がる。島本先生は「進撃の巨人」が嫌いなのかと思ったらそうではなくマンガ家は他の漫画のことを語りにくいらしい。岡田さんはアニメを作っていた人だから、そう言われてアニメ「進撃の巨人」を見て羨ましがってたのが印象的。

それからの「アオイホノオ」の話題からちょっと聞けなかったので録音しておいた音声ファイルを明日聴こうと思う。でも、最初は音声多重になっているんだろうなぁ。

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

演劇集団キャラメルボックス

キャラメルボックス公演情報

EXチャンネル

加藤昌史コミュニティ

キャラメルボックスチャンネル

Google+

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 「悩みのるつぼ〜【ネチネチした性格変えたい】」(回答編)-『岡田斗司夫の毎日メルマガ』感想文
    黒木政仁 (05/22)
  • 広報室って本当はどんな感じなんだろう?-『空飛ぶ広報室』を読んで
    黒木政仁 (01/25)
  • 広報室って本当はどんな感じなんだろう?-『空飛ぶ広報室』を読んで
    藍色 (01/24)
  • 「ビブリア古書堂の事件手帖 (5) 〜栞子さんと繋がりの時〜」を読み終えた
    黒木政仁 (10/18)
  • 「ビブリア古書堂の事件手帖 (5) 〜栞子さんと繋がりの時〜」を読み終えた
    藍色 (10/17)
  • ラストに悩む
    黒木政仁 (10/10)
  • ラストに悩む
    沙羅 (10/10)
  • 杉村太蔵さんは正しい?
    黒木政仁 (02/10)
  • 杉村太蔵さんは正しい?
    沙羅 (02/10)
  • 「ビブリア古書堂の事件手帖4〜栞子さんと二つの顔〜」
    黒木政仁 (09/16)

recent trackback

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM