エレンはいつ巨人になったの?「進撃の巨人」12巻までの推理

  • 2013.12.18 Wednesday
  • 01:20


12巻に入って突然色んな事がわかった。その代わりさらに謎も増えた。
以下に『進撃の巨人』12巻までのネタバレを書きます。ご注意ください。

 

 

 

 

 

 
 

12巻でわかったことは巨人人間は自由に巨人になったり人間になったりしているが、最初に誰か人間を食べないと人間に戻れない。ベルトルトがユミルに向かって人間に戻る時に自分の仲間を食べたことを覚えていないかと訊いたことから推測できる。
と、言うことは巨人人間であるエレンも誰かを食べている可能性がある。ベルトルトがエレンが人間を食べたことを覚えていないみたいだと言っていた。人間を食べることによって巨人から人間に戻ることは既定の事実らしい。

岡田斗司夫さんがニコ生岡田斗司夫ゼミで調査兵団の誰かを食べてその頃の夢を観ていたのが冒頭のシーンだと推測していた。僕はそれを否定していたがここまでの情報は放送当時、別冊マガジンでは載っていたと思うのでそう推理しても当然だと思う。

でも、僕は違うと思う。

理由はエレンが母親によく似ているということ。もし、エレンがユミルと同じように子供の頃、巨人として壁外を何十年もさまよっていたならエレンはグリシャとカルラの息子であるはずがない。だが、どう見てもエレンはグリシャはともかくカルラにはそっくりだ。ここまで似せて描かれていて血縁関係なしということは考えにくい。

では、エレンがグリシャとカルラの子供だとしていつ巨人の能力を手に入れたか?考えられるのは母親が巨人に食われシガンシナ区から脱出した後、グリシャから何か注射を打たれた時しか考えられない。

エレンの断片的な記憶の中ではエレンはグリシャから注射を打たれた場所はどこか人気のない森のようなところだった。そんなところで巨人になったエレンはどうしたか?すぐ目の前にいる人間を食べるに決まっている。

エレンは父親であるグリシャ・イェーガーを食べたのだろう。

グリシャもそれは覚悟していたに違いない。だから、人気のない森で二人きりになったのだろう。
きっと、グリシャはエレンから食べられる時に自分のメガネをポケットの中にしまったと思う。エレンが人間に戻って自分の持ち物がどこかに落ちているのを見つからないように決してエレンが自分を食べたことを気づかないように。

……また不覚にも目頭が(/_;)

ただこの推理だと第1巻冒頭の「長い夢」の説明がつかない。だからこの推測も外れているかもしれない。だけど、こうやって推論するのも『進撃の巨人』の楽しみの一つだ。

スポンサーサイト

  • 2019.08.24 Saturday
  • 01:20
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>

    演劇集団キャラメルボックス

    キャラメルボックス公演情報

    EXチャンネル

    加藤昌史コミュニティ

    キャラメルボックスチャンネル

    Google+

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM