ラストに悩む

  • 2016.10.07 Friday
  • 01:22


書いている小説がやっと3万字を超えた。
これの前に書いていたミステリーが13万字を超えた時点で煮詰まった。
物語が中だるみになる度に事件を起こすので整合性の取れた謎解きが不可能になったのが原因だ。しかも過去の事件のトリックも結局思いつかず、謎解きのシーンまでこぎつけたのに結局にっちもさっちもいかない状態になった。

そんな中、やっと書き始めた別の小説。これを思いついたおかげでやっと13万字の小説(未完)を捨てる決意が持てた。
今度はミステリーではなく、【銃と魔法のファンタジー】を『ロミオとジュリエット』のプロットで書く。
短編で済みそうなので早く仕上がりそう。やっと人生で初めて小説を完結させられそうだ。

構想もまとまり、いざ書き始めた時に読んだ本がまずかった。
『アニメの教科書』。言わずと知れた岡田斗司夫著『遺言』の電子書籍版。
これの下巻に「『喪失の物語』が持つ感動」という章がある。マンガ『GuGuガンモ』の最終回に感動したガイナックスがゲーム『サイレントメビウス』で同じ手法をつかったというエピソード。

これを読んでしまったから大変。
「僕の書いている小説はもしかしたら感動が足りないんじゃないか」
と、思い始めてしまった。
『ロミジュリ』のプロットで書いているくらいだから悲恋ものなんだけど、死別ではなく生別。なにしろ主人公が10歳だからさすがに殺してしまうのはどうかと思った。
ひとりは魔法使いなんだから、『ガンモ』や『サイレントメビウス』のように記憶を消しちゃうこともできるんだけど、物語の流れからいったら記憶を消せるタイミングがない。

普通に別れちゃって感動する話になるかしら。一応スペクタクルなシーンのどさくさに別れる話だから感動系にはならないかもしれない。

とりあえずやっと4分の1を超えたくらいだから、もう一捻りしてみるよ。
コメント
面白そうなストーリーですね。
ラストのことで悩んでおられるようですけど
きっと感動的なシーンが書けると思います。
短編じゃなくて長編で書いてみてもいいかなと思います。
頑張ってください。
  • 沙羅
  • 2016/10/10 4:07 AM
コメントありがとうございます。

励ましてくださてうれしいです。がんばります。
  • 黒木政仁
  • 2016/10/10 5:48 AM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

演劇集団キャラメルボックス

キャラメルボックス公演情報

EXチャンネル

加藤昌史コミュニティ

キャラメルボックスチャンネル

Google+

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 「悩みのるつぼ〜【ネチネチした性格変えたい】」(回答編)-『岡田斗司夫の毎日メルマガ』感想文
    黒木政仁 (05/22)
  • 広報室って本当はどんな感じなんだろう?-『空飛ぶ広報室』を読んで
    黒木政仁 (01/25)
  • 広報室って本当はどんな感じなんだろう?-『空飛ぶ広報室』を読んで
    藍色 (01/24)
  • 「ビブリア古書堂の事件手帖 (5) 〜栞子さんと繋がりの時〜」を読み終えた
    黒木政仁 (10/18)
  • 「ビブリア古書堂の事件手帖 (5) 〜栞子さんと繋がりの時〜」を読み終えた
    藍色 (10/17)
  • ラストに悩む
    黒木政仁 (10/10)
  • ラストに悩む
    沙羅 (10/10)
  • 杉村太蔵さんは正しい?
    黒木政仁 (02/10)
  • 杉村太蔵さんは正しい?
    沙羅 (02/10)
  • 「ビブリア古書堂の事件手帖4〜栞子さんと二つの顔〜」
    黒木政仁 (09/16)

recent trackback

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM