『世にも奇妙な人体実験の歴史』その1 「18世紀以前のヨーロッパの悲惨な医療」-『岡田斗司夫の毎日メルマガ』感想文

  • 2019.05.22 Wednesday
  • 06:45
今回はこれが我らの歴史。

今朝のメルマガは『ニコ生ゼミ』のセレクトから。

「『世にも奇妙な人体実験の歴史』という本の話をする。自分の身体を使って研究した科学者たちの話。
特に、冒頭に取り上げられている“ジョン・ハンター”という人。18世紀の終わりから19世紀というのは、一般には“科学の時代”というふうに言われてる。18世紀の後半くらいから、ヨーロッパ社会は本格的に科学時代に入って行ったんだけども。そんな科学の中でも、唯一、医学のみが、こと実用という意味では遅れていた。
当時のヨーロッパにも、そういった医学書を読んでいる人というのは多かったんだけども、あくまで「チラチラと読んで、それをガレノスの四体液説に当てはめて考える」という人が、すごく多かった。18世紀のヨーロッパの医者のほとんどは、ローマ時代の医者の学説をそのまま信じ切っていたので、実は、この当時発見された最新の科学的な成果というのは、まだまだ医学の世界には降りて来ていなかった。
みんなも、その論文は読んでいるんだけど。ところが、それを読んでいたとしても、みんなガレノスの四体液説というのを信じちゃっていた」

もう何を言ってるのかわからない。

『岡田斗司夫の毎日メルマガ』

http://www.mag2.com/m/0001148694.html

スポンサーサイト

  • 2019.08.24 Saturday
  • 06:45
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>

    演劇集団キャラメルボックス

    キャラメルボックス公演情報

    EXチャンネル

    加藤昌史コミュニティ

    キャラメルボックスチャンネル

    Google+

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM