自分のことって書けないよね

  • 2014.01.18 Saturday
  • 00:47


自分のことってなかなか書けない。一応今日だって色んな事をやってきているのにどうしてもそれを書こうと思えない。自分のことって誰も読みたいと思わないと考えてるわけじゃなく、自分自身が興味を持てないから書けない。

松屋で『豚角煮コンボ牛めし』を食べたし、『死亡フラグが立つ前に』だって読み終えた。『塩ラーメン』は買ってないけど板チョコは食べたよ。『明日ママがいない』の騒動に関してスマートノートを書いたし、普段やっていないことをいっぱいやったような気がする。

でも、なんだかそれを書く気になれない。どうしてだろう?

行動だけじゃなく自分の考えもブログに書く前にある程度まとまるとそこで満足するからかな?でも、ノートに書いたものをブログのネタにすることもあるから一概に言えない。

どうもブログに書くものは面白くならないといけないと思っている。だから、ノートに書いたもので
「これは面白い」
と、感じたものしか書けない。

ああ、なんとなくわかった。単純に面白く書ける自信がないだけなんだ。

でも、それでネタがなかったらこうやってつまんない話題で埋めなくちゃいけなくなるんじゃないか。イカンよ。

文章を書くのに向いてない

  • 2014.01.15 Wednesday
  • 00:33


自分が文章を書くのに向いてないと思うのは書きたいことがないということ。

文章なりコミュニケーションが取れる人というのは、例えば今さっき観た『踊る!さんま御殿!!』で語ることができるんだろう。
でも、僕の場合すぐに書いたり言葉にするのに時間がかかる。

今観ていてとても面白かったんだけど、さてどうやって書いたらこの面白いという感情が伝わるだろう?ズボラ女性の方に共感できるということは書けるがそこから先に進めない。自分のズボラネタを織り込んで書けばいいのだろうがまず思い出すのに時間がかかる。
独身時代の鉄板ネタ、部屋の中がアスレチック状態という話もこの番組のネタにどう絡ませれば効率的か面白くなるか考えないとまともに書けない。

面倒くさい( ´Д`)=3

例えば、さっき夕食後に寝た時に観た夢の話が面白いかもとワクワクしながら書こうと思った。書き始める前に頭の中でどんな夢だったか反芻してみる。そうするとたいして面白くないことに気がつく。そりゃ起承転結のない夢の話なんだから面白いわけがない。それどころが反芻していくうちに細かい様子を忘れてしまう。

ダメじゃん(゚д゚)!

どんな内容かというと大阪時代、朝も明け切らないうちに名前も聞いたことのない声優さんのサイン会に行こうと思った。うちの近所でやるみたいだからというのが理由らしい。でも、実は開催される会場が全然違う場所だったと嫁の指摘で判明。あれ?大阪にいた頃だから独身の頃のはずなのに……。
とにかく、その場所まで自転車で向かうところで目が覚めた。だからちゃんと着いたかどうかすごい気にかかっている。夢の中の僕はどうして行くのをやめないのかそれも気になってる。そんなキャラじゃないだろう。

子供の頃から比べたら文章力自体は格段に上がっている。この文章を読んでどこが上手い文章なのかと訝しむ人もいるだろうが若いころの文章はそもそも文になっていなかった。それに比較してという話。プロのコラムニストの文章と比べないでいただきたい。
そうやって上がってきている文章でも書くことがなければ意味が無い。なんてことをクドクドと書いて文章が埋まっている今の現状を何とかしたい。

明日シゴト

  • 2014.01.14 Tuesday
  • 00:04


連休の何が困るかというと最終日に明日から仕事なんだと自覚すること。

これが結構、鬱の原因になっていたりする。普段の日曜日ならいいのだ。2日以上ダラダラ過ごすという怠惰で幸福な生活を送るともうダメだ。途端に「働きたくないでござる」モードに切り替わってしばらくはまともに脳みそが作動しない。

明日にさえなってしまえば「急いでバスに乗らねば」モードに切り替わって自然と仕事に入れるのだから、まあ心配してはいない。

しかし、どうも僕は働き者と見られているようでなんだかそれが納得いかない。幼なじみの友人や親兄弟、親戚、果てはうちの嫁さんまで。一体僕のどこを見てそう思っているのだろう?

話しを聞くと僕が小学校6年生の時、自分で勝手に新聞配達のバイトを決めてきたことが理由の一つになっているらしい。確かに、自分で決めた。クラスのすでに新聞配達をやっている奴にどうやってなるのか聞いた。そして、そいつに販売所までついてきてもらった。そうしたらその販売所だと僕の住んでいる場所は範囲外ならしい。その時は諦めたがその販売所は担当の販売所に連絡を取ってくれてそこから電話がきた。
それからトントンと決まって親には事後承諾で報告。後は高校卒業する前まで6年間続いた。

なるほど、確かに上辺だけ見れば働くのが好きそうに見えるかもしれない。でも、普通は単純にお金が欲しかっただけだと考えないかしら?

だから、兄が小遣いをもらってるのに対して僕は小遣いをもらえなかったことが不満だった(使える額は僕のほうが多かったとしても)。高校生になったら授業料を稼ぐために遊園地のバイトを始めさせられた(高校に入ったら遠方に通うのは大変だろうからと生活指導の先生の紹介で近所のスーパーで働くことに変わった)のも納得いかない。そんなに「働きたくないでござる」。
働くのは日曜、祝日、春夏冬の長期休みの時くらい。実際、スーパーの店長から土曜もやらないかと言われた時はさすがに断った。そんなに「働きたくないでござる」とは言わなかったが。

もちろん、働くとなったら真面目に働くけど。

雑文になりました

  • 2014.01.08 Wednesday
  • 00:15


なんだか頭がボーっとしている。

今、目が覚めた。仕事が終わって夕食をとってから寝たのだけれど途中で起きたとはいえ、4時間以上眠った。いくらなんでも寝過ぎだよ。これではまたスマートノートを書くことが出来やしない。いや、それは言い訳なんだけど。

以前にも似たようなことを書いているかもしれない。これだけ毎日書いていると似たり寄ったりのことにどうしてもなる。そんなに劇的な人生を送っているわけじゃないし。

今、読んでいる本のことを書こうと思っても感想を書くにはちょっと小難しすぎる。世の中にはいろんな病気があるものだなぁと思うくらいで。個々の症例は具体的だけど翻訳物特有のスムーズに読むことが出来ない文体って感じで読むこと自体骨が折れる。
途中で読むのをやめるにはもったいないくらいには面白いし。こういうのが却って困るなぁ。

いかん、ちょっと読み返してみても文章が支離滅裂だ。これはかなりボーっとしている証拠だ。ちゃんと目が覚めているのか。もしかしてこれは夢じゃないか?夢だったらもう少し楽しい夢のほうがありがたいんだけど。
そう言えば、夢ってまともに見てないな、最近。いや、見てるはずなんだけど覚えてない。起きた直後はなにか見た気になっているんだけどトイレに行ってから5行日記を書く頃にはすっかり忘れている。忘れるくらいだからたいした夢じゃないのだろう。夢くらいもう少し劇的でもいいのに。

今年のベスト

  • 2014.01.01 Wednesday
  • 02:12


さて、今年のベストは一体なんだろう?

漫画はやっぱり『進撃の巨人』をあげざるをえないかな?だけど、今年知ったわけじゃないからな。だから、アニメは『進撃の巨人』をあげよう。

その代わり漫画は『暗殺教室』かな。連載開始は知らなかったけど、単行本を読みだして結局今は少しずつ電子書籍を買いだしてきている。有名進学校の落ちこぼれクラスに現れた謎の先生。それは、1年以内に殺さなけれあ地球を破壊してしまう超生命体。その超生命体が落ちこぼれクラスの担任となり、生徒たちははその超生命体の暗殺を日本政府から依頼される。
そんな変わった設定の漫画だけど、中身はバリバリの学園モノ。超生命体=「殺せんせー」は生徒の暗殺を回避しながらいろいろなことを生徒たちに教えていくことが見事な浪花節。今年の「このマンガがすごい!男子部門」の1位も当然だと思う。

映画は殆ど見ていないからな。劇場まで足を運んで観たのって『名探偵コナン絶海の探偵(プライベート・アイ)』と『風立ちぬ』くらいか?調べてみたら『プラチナデータ』も観ていた。この3作品はどれも面白かった。普通に考えたら『風立ちぬ』を入れるべきかもしれないけど、映画館で金を払ってみるとなったら楽しめる映画じゃないと。……よし、『名探偵コナン絶海の探偵(プライベート・アイ)』にしよう!!

舞台はこの間観に行ったキャラメルボックスの『ウルトラマリンブルー・クリスマス』だな。と、言うよりそれしか観てない。でも、やっぱり観に行って面白かったし、キャラメルボックス自体が行くと思う存分楽しめる。だから、舞台はこれで決まり。

その流れでネット番組を選ぶとしたらニコ生のキャラメルボックスチャンネルの一連の楽屋中継は面白かった。岡田斗司夫さんの番組も面白いけど、やっぱりエンターティナーはどんなものを持って来ても面白く作ってくれるなぁ。

食べ物は何が美味かっただろう?これも最近のものくらいになっちゃうけど、西武池袋内にある『九州じゃんがららあめん』のぼんしゃんラーメンは久しぶりに食べたけど、美味かったなぁ。それと同じく久しぶりに食べた『うまかっちゃん』もとても美味い。どっちにしようかと悩んだけど、ぼんしゃんラーメンにしよう。

ノンフィクションだったらこの間読んだ『生き心地の良い街』。『フェルマーの最終定理』以来、ワクワクしながら読めた。

小説は『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズ。今まで避けてきてごめんなさいという感じ。今度発売される5巻も楽しみ。

なんだか、『生き心地の良い街』以外は結構ポピュラーなものに偏った感じ。あまり冒険をしないからな。
自分から面白いものを探すというより引っかかってくるのを待っている。来年(もう、今年だけど)はどんなものに出会うだろう。

眠い

  • 2013.12.15 Sunday
  • 01:07


とても眠い。午前中に仕事を終えて、昼寝をしてもまだ眠い。

ここのところずうっと眠い。なんだかいつまでも寝ていられるような気がする。今も、シャワーを浴びてから2時間ほど寝たにもかかわらずまだ眠い。

なんでこんなに眠いのだろう?

決して睡眠時間が足りてないわけじゃないはずなのに。分眠とはいえ5〜6時間は眠れてる。たいして忙しくしているわけじゃないのに、どうしてこんなに眠いの?

質が悪いのかな?でも、結構早めに深く眠っていると思うんだけどな。さっきの仮眠でも15分で目覚ましをかけていたんだけど全然覚めなかったもんな。

疲れてもいない。質も悪くない。長さも問題無いと思う。

ああ、眠いからなんか文章も支離滅裂だよ。

せっかく「進撃の巨人」の推論をスマートノートに書いたのに、それをブログで文章にするのも大変。

今も寝落ちしてしまいそうだ。何とか踏ん張ってやることをやらないと。(T_T)

ポテトチップスが……

  • 2013.12.13 Friday
  • 00:19


この時間になるとお腹が空く。昨日はうまかっちゃんを夫婦二人で分けて食べた。一杯のかけそばならぬ一杯のうまかっちゃん。
もちろん朝の体重に影響は出る。いくらうまかっちゃん半分でも。

今日は何も食べないようにしないといけない。でも、そばにはポテトチップスうすしお味が……。世の中には罠が満載だ。

じゃあ、食べなかったら明日体重が落ちているかといえばそうは問屋が卸さない。脂肪が落ちるためにはまず筋肉がつかないといけない。筋肉がつくということは体重が上がるということ。ついた筋肉が脂肪を燃焼してくれて初めて脂肪が落ちる。ゆえに体重も落ちる。
それだけのプロセスが必要なのだから体重が落ちるまでに食べ過ぎてしまったら元も子もない。

よく、レコーディングダイエットをやって体重を45kgまで落とせたよなぁ。自分で自分が信じられないよ。

ポテトチップスだって小袋に小分けしたりしてたんだよな。それだってめったに食べなくなったし。おなかがすいた時のために小分けした袋にカロリーを書いたりした。今はそうする気力も起きないよ。

あと、2〜3時間は起きていると思う。それまでにポテトチップスが胃袋の中に入らないように……。

似たようなことをまた書いてしまった

  • 2013.12.07 Saturday
  • 00:26


ここのところ、疲れが半端ない。身体的には五十肩の痛みはほぼ取れているのでよっぽど変な動きをしない限りは大丈夫。

やっぱり精神的に忙しいのかな?結構ゴロゴロする時間もあるから問題ないのだけど。スマートノートを書く気力もないからな。せっかく面白い本を読んだから感想を考えたいんだけどキツイから5行日記だけで終えてる。

このブログも毎日書くのは本当に大変だからそろそろ休んでみるか。それとも少し書く分量を減らすか。考えてみたらなんで1日2個も記事を書いているんだろう?

ああ、でも毎日書いているから書きたいことが出来た時にエイやって書くことができるんだよな。前みたいにほとんど書いていない時は書きたいことが出来ても書かないでいたものがいっぱいあった。だからこうやって駄文をつらつらと書き続けることも意味があるのかもしれない。

あれ?前にも似たようなことを書いたような気がするぞ?2週間くらい前に書いてるよ。やっぱ疲れているのね。

明日も頑張るぞ!

  • 2013.11.15 Friday
  • 00:33


秋が来なかったなぁ。

低気圧がなくても気分が悪い。いや、寒くなってきているから低気圧はやっぱり来ているのかもしれない。iPod touchアプリの『頭痛〜る』を起動してみたらちょうど今、低気圧が接近しているみたいだ。それで気持ちが悪いのかな?

寒いと暖房をつけるが暖まってくると今度はそれで気持ちが悪くなってくる。うまく調整できないなぁ。

これを書いている今も気分が滅入っている。テンション上げるのが難しい。それでもこうやって文章を書くことができるんだから大したもんだ。前は書けない時は本当に書けなかったもんな。僕ってすごい!!

明日は雨が降る予報。きっと頭痛もするだろう。こういう時は頭痛薬も効かないからだましだまし乗り切るしかない。

それにしても寒いな。ちょっとフリースでも着るか。これで少しは元気になるだろう。

さあ、明日も頑張るぞ!

不機嫌さのコントロール

  • 2013.11.02 Saturday
  • 01:05


不機嫌さってどうすれば顔に出ないようにできるのか?

起き抜けだったり、腹の立つような時があったりするとどうしても顔に不機嫌さが出てしまう。そんな時、どうするか?

できる時は、声を意識的に高めに出すように心がける。これだけでかなりごまかせる。でも、普段声が低いとすぐにバレてしまう。だから、機嫌のいい時にも意識して声を高くする。

結局、声を高くするのは普段からやっておけということ?そういうこと。

文章に場合はどうすればいいんだろう?文章はコントロールしやすいと思っていたのだが、今もどうしたものかと思っている。

あれ?別に機嫌が悪いわけじゃないよな?ああ、ただ単に書くことがないからこんな文章になっているだけか。

だったら書かなければいいのに。でも、今まで書くことがないから書かないでいたら書きたいときにも書かなくなっていたもんなぁ。

これからはなんとかして書くことを前提にしているのでこんな駄文でもとりあえず埋めてみる。

申し訳ない。

PR

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

演劇集団キャラメルボックス

キャラメルボックス公演情報

EXチャンネル

加藤昌史コミュニティ

キャラメルボックスチャンネル

Google+

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 「【岡田斗司夫ゼミ室通信】『スター・ウォーズ』よりルークの成長速度について」-『岡田斗司夫の毎日メルマガ』感想文
    黒木政仁 (12/16)
  • 「【岡田斗司夫ゼミ室通信】『スター・ウォーズ』よりルークの成長速度について」-『岡田斗司夫の毎日メルマガ』感想文
    沙羅 (12/16)
  • 「悩みのるつぼ〜【ネチネチした性格変えたい】」(回答編)-『岡田斗司夫の毎日メルマガ』感想文
    黒木政仁 (05/22)
  • 広報室って本当はどんな感じなんだろう?-『空飛ぶ広報室』を読んで
    黒木政仁 (01/25)
  • 広報室って本当はどんな感じなんだろう?-『空飛ぶ広報室』を読んで
    藍色 (01/24)
  • 「ビブリア古書堂の事件手帖 (5) 〜栞子さんと繋がりの時〜」を読み終えた
    黒木政仁 (10/18)
  • 「ビブリア古書堂の事件手帖 (5) 〜栞子さんと繋がりの時〜」を読み終えた
    藍色 (10/17)
  • ラストに悩む
    黒木政仁 (10/10)
  • ラストに悩む
    沙羅 (10/10)
  • 杉村太蔵さんは正しい?
    黒木政仁 (02/10)

recent trackback

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM